• 事務局

コロナ禍で開催していいものか?

太陽の光と暑さが肌を突き刺す季節、苦手という方も多いかと思いますが

長雨と気温変化の激しい一日が明けて 夏生まれの方は、待ちに待っていた季節ではないでしょうか。

そんな暑さの中、東京ふれあい手作りマーケットを開催致します。 事務局一同、コロナ対策を行い東京ふれあい手作りマーケットの再開です。 どの様な内容で対策と言えるかは、正直なところ正解はわかりません。 今正解だという事が10日後に正解の域から外れているかもしれません。 しかし、Withコロナとの付き合い方を学び、新たな日常を築いていかなければいけないという事も確かです。 進み方の方向性を模索しながら少しずつ形を整えゆきたいと考えています。

止まるときには止まり開催を中止します。 その時期、その場所での判断や行動を施設スタッフと運営スタッフとで検討して

進めてゆきたいと考えています。 と、張り切っているのですが 三蜜にも当たらない状況での再開になりそうです(ほっ) 【コロナ対策について】 コロナ対策を理解をしたスタッフが出店者様に 出店ルールの確認とコロナ対策への説明をし同意を得た出店者さんに 出店をしていただいております。 どういうことかと言いますと 同意書を作成いたしましたのでスタッフと一緒に確認作業を行い(チェックリストありますのでご安心ください)署名捺印をお願いしております。

このめんどくさい作業もコロナ感染対策の大切な1つとなりますので 出店者様にはご協力をお願いいたします。


お願いする同意内容は下記になります。 1)野外開催エリアで2mの間隔をあけてブースの配置の指示に協力します。

2)出店時前に健康状態の問診及び検温を行います。 (37度➤参加見合わせご帰宅し様子観察して下さい) (37.5度➤参加見合わせ受診をおススメいたします)

3)出店者様は、マスク及びフェイスシールドを着用し接客にあたります。

(熱中症予防で接客以外の時間にフェイスシールドを外すことがあります)

4)出店時、手指・フェイスシールド及びブースのアルコール消毒を1時間ごと・接客後にします。 5)当日は予備のマスクをご持参し中間時間に新しいマスクと交換します。 6)来場参加者様へ手指のアルコール消毒を各ブース事で行います。

7)金銭授受の際、コイントレーの使用をおこないます。

8)終了時の健康状態のチェックを行います。

8)帰宅後、発熱等の症状があった場合に速やかな報告をします。


ご自身にとって大切な命を守るためのコロナ感染予防対策となります。

また、出店時のコロナ感染対策についてご質問やお困りごとがございましたらご相談ください。

お買い物やワークショップをお楽しみいただき 夏の思い出の1つになりますように出店者様と一緒に 東京ふれあい手作りマーケットを開催致します。  

ゆるキャラマスコットのテンシェルちゃんとの触れ合いは 残念ながら三蜜を防ぐためstayhome中です。


東京ふれあい手作りマーケット事務局 ヒロセユウコ






8回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now